Web Analytics Made Easy - StatCounter

ひかまめ

発達障がい(自閉スペクトラム症)双子男子の成長ブログ!!

自閉症偏食いつから?こだわりに付き合う日々

双子自閉症児ひかまめの母Ribbonです。

今朝、車で出勤中、ラジオを聴いていたら、自閉症のお子さんの偏食のお話で、毎食同じものを食べないと癇癪を起こし、ご両親が困ってしまうという内容でした。うちの次男まめもかなりの偏食があり、本当に困っていました。どんな偏食があり、今現在はどうなのかを書かせて頂きます。

f:id:chocotocoffee25:20201001230322j:plain

感覚の過敏

私たちは、白いご飯や、お味噌汁など、普段口にしているものをおいしいと感じますよね。双子次男は2歳頃白いごはんのみ食べられ、おかずは一切受け付けず、おやつも特定のもののみ食べていました。

スプーンやお皿など色々変えて食べさせてみましたが、そこではなく、すぐにべーっと吐き出したり、もどしそうになることもあったりしました。

以前感覚過敏の勉強会に参加したときに、口の中の感覚に過敏がある人は、食べ物が口に入ったときの感じ方が「砂利のように」感じることがあるそうです。

好き嫌いや、わがままでではなく、そのように感じる食べ物を「おいしい」とはとても思えませんよね。

 自閉症についてここで書かせて頂いたのでご一読くださいね。

www.hikamame.com

いつから始まった?

0歳の頃の離乳食は、私は作ったかぼちゃのスープも、シラスも、葉物なども食べてくれ、とても食べが良く、1回分の量もしっかり取っていたので冷凍保存する間もない程でした。

1歳後半頃から、次男が白いごはんを良く食べるなと思い、ふりかけデビューしてみたところ、1口目で吐き出してしまい、ふりかけの味が苦手なんだとその時は思っていました。今思えば、2歳前頃から感覚の過敏があったと思います。

偏食のこだわり

2歳から始まったこだわりメニューは、白いごはんのみが2~3か月程、毎食それのみが続き、みんなと同じメニューを出し続け、ふと自分からおかずを口にし始めたことがきっかけで食べられるようになり、おかずは肉類はクリアしました。

その後3歳からは、朝ごはんに必ず食べないとひどい癇癪を起こし、私も半ばこだわりに付き合い、それで彼が丸く収まるならと毎日毎日「おはぎ」を作っていた時期があります。

おはぎは、実家で母が作ってくれて初めて食べ、その残りを持ち帰り、家でも食べて、それからないと怒るようになり、私が作って出し続けていました。

あんこを前日から水に浸し、当日4時間程炊いて、(圧力なべを買えばよかった)もち米を2合炊き、冷蔵、冷凍して毎朝出していました。

あんこはこちら。作り方も書いてありとてもおいしいです。

もち米はこちらを購入していました。ネットで買うと玄関まで届けてくれるところが良いですよね。

最初は長女も長男も好きで3人が食べていましたが、そのうち上2人は飽きて次男が食べ続けるという日々。

「ない日」を作ることがその当時の私はできなかったんです。

デイサービスの先生に相談

このことを大好きな信頼できるデイの先生に相談したところ、「お母さんが自分で作っていらっしゃるなら、砂糖の量を減らしてまずくしていったらどうかな?」とアドバイスをもらい、「えーまずく?!」と思いましたが、何かきっかけがほしいと思っていた私は少しずつ砂糖の量を減らしてみました。

いつもの味じゃないと怒るかなと思っていましたが、段々残すようになり、おはぎブームは終わりました。

現在の様子

小2になり、今は毎日ブルーベリーの冷凍をお皿に10個入れてレンジで10秒温めたものを毎食食べる習慣があり、それはもう1年以上続いています。

ブルーベリーは目にも良いですし、高い抗酸化作用が期待でき、私や長女はヨーグルトに入れておいしく頂いているので、このこだわりには不便を感じておらず、自分でレンジを操作することも覚え、不都合がないのでお互い良いかんじで続いています。

f:id:chocotocoffee25:20201001230410j:plain

そして白いごはんは一切食べなくなり、家ではおかずのみの生活になっている現在です。

野菜が大好きで、レタスキャベツは大好物、パプリカ、ネギ、白菜も喜んで食べてくれるので、その時期で色々と好みが変わっていくことをこちらが学びました。

まとめ 

知り合いの方の娘さんは20年、毎日同じ銘柄のプリンを食べていらっしゃるそうです。うちの子もそうですが、そうすることによって自分を保ち、この世の中で生きていく調和をとっているようにも思えます。偏食のこだわり、お母さんが無理のないところで付き合っていけたら、続けていっても良いのかなと私は思います。栄養面や、毎日摂取することへの不安は私もありましたが、いつかは終わるだろうという気持ちで見守っていくことことも1つの手かなと思います。「砂利のように感じる」と感覚のことを勉強してからそんな風に見られるようになりました。