Web Analytics Made Easy - StatCounter

ひかまめ

発達障がい(自閉スペクトラム症)双子男子の成長ブログ!!

【知育玩具】1歳半から!ひらがなや数字を楽しく学べる3選

双子自閉症児ひかまめの母Ribbonです。

子どもの興味は今どこにあるんだろう、どんなものを使えば言葉が増えていくのかなとお悩みの方へ。

言葉の遅れがあるひかまめが使って「興味の範囲が広がってきたな」「こんなことが できるようになってきた」と感じられるようになった遊びながら学んでいける知育玩具などを紹介させて頂きます。

知育玩具とは

知育玩具(ちいくがんぐ)は、幼児児童が知能的発達を促進する玩具、または幼児や児童の学習の助けになる玩具の事である。

いわゆる教材が知識を増やすために用いられるのに対し、知育玩具は、考える事や表現する事を通じて、知能全般の発達を促す事を目的としている。教材的な機能をもつ知育玩具も多数存在する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 今回紹介させて頂く3つの知育玩具は、考えること、表現することをで発達を手助けすることを目的として書かせて頂いています。

イラストと言葉のマッチング

簡単そうで難しい、書かれているものと言葉を結び付ける作業です。「これなぁに?」の質問を勉強中のひかは、大好きな動物のカードを使って真剣に見ています。中々すぐには言葉が出て来ず、

➀カードを出す

➁すぐに大人が動物の名前を言う

を繰り返していき、最初は➀と➁の間は間をあけず、徐々に数秒待っていく方法をやってみたところ、言える単語が増えてきました。

カードも1回やるごとに何枚も出すのではなく、今日は2~3枚、調子が良いときは5枚など、少しずつ様子を見ながらそして楽しんで覚えていくことが重要かなと思います。

両手でトントンとカードをタッチしてから顔を近づけ、「ぞう」のような言葉が言える時もあります。

このカードの良いところは、リアルなイラストであり、本物と近く、動物園で見たあのぞうさんのイメージがわきやすいところです。

f:id:chocotocoffee25:20200517151444j:plain

 

立体物で数字と色のマッチング

 平面はちょっと入りにくいなと感じている双子長男には立体のもので、興味がでてきた数字や色を楽しく学べるものはないかと探していた頃、個別療育に通っていた時にこちらの「トーマス10までつなげて」に出会いました。

きっちりタイプのひかは、1~10まで動物は乗せずにとにかく数字をきちんと並べたい派で、大雑タイプのまめは、そこにとにかく色合わせをトントン向きも気にせず置いていく派で見ていてもとてもおもしろいです。

個性が表れ、新たな一面を知ることができる優れものです!

f:id:chocotocoffee25:20200904123734j:plain

きっちり派 きれいに並べたい

f:id:chocotocoffee25:20200904123832j:plain

数字良し 動物仲良し!

シンプルイズベストの文字盤

双子次男は看板に書いてある文字を読めるようになり、自分の名前に入っている字や、大好きなキャラクターの文字などを見つけては読んでいます。

 

表面はひらがな、裏が数字になっていて、イラストなどの装飾が一切ないので集中してひらがなや数字のみを見たいお子さんにはぴったりだと思います。

文字盤がパタンと3つ折りにできるので、範囲を絞って提示できるところも良いと思います。

f:id:chocotocoffee25:20200601131841j:plain

こんな使い方も!!マグネットのパチンとしっかりくっつくところが心地良いようで、何度も積んでははずしてを繰り返して遊んでいます。
感覚遊びとしても使えることを教えてくれました(笑)

まとめ

知育玩具を買ってしっかりできるよにさせなくちゃ!今日もやるぞー!」と教育ママになりそうな時期がありましたが、まだ年齢が小さい未就学のお子さんには、勉強と意気込むことよりも、遊びの延長で学んでいくことが大事だと日かのマグネット積みを見て思いました。

ひらがなや数字など覚えさせたいことはたくさんありますよね。お子さんが大好きなものから、興味のあるところから始めて、知育玩具を使って無理のないように楽しく身に着けていけると良いですね。何事にも気長にゆっくりとを心がけて(自分へのお教訓!)見守っていきたいですね。

もし、「できないー」と混乱してしまった時はこのような対処法がありますので合わせてお読み頂けたらと思います。

 

www.hikamame.com