ひかまめ

発達障がい(自閉スペクトラム症)双子男子の成長ブログ!!

【双子育児】夜泣きに苦しんだ3年間(0~3)歳を乗り越えて

双子育児中のお母さんおとうさん、毎日子育て本当にお疲れ様です!!

双子hikamameと姉tukiの3人育児中のRibbonです!!

1人が泣くともう1人も泣き、授乳も2人分で、離乳食も2倍、お母さんが日中1人で見ているご家庭は大人の手が足らないですよね。

そんな私も大人1人で、子ども2人ともう1人、上の子2歳と下の双子0歳を育てていた時の、夜の寝かしつけ、そして夜中何度も起きて泣く双子にどう対処していたのか、書かせて頂きます!!

f:id:chocotocoffee25:20200715221842j:plain

至福のひととき!!

 

www.hikamame.com

 

 

寝かしつけ

双子と姉の3人を寝かしつけは毎日至難の業でした。

とにかくまずは上を制覇(笑)しようと絵本を読み、添い寝で何とか寝かせ、その間2人にはゴロゴロと私の隣りにいてもらい、泣き止まなくて困った時のみおしゃぶりを使っていました。

種類も豊富で、どれが子どもに合うのかわからず、何個か試したものがこちら。

 

赤ちゃんにおしゃぶりを使うのは、歯並びや癖がついてしまうのではとやや抵抗がありましたが、日々の生活の中で、どうしても必要なときだけ使いました。

上を寝かせたあとは、2人に同時授乳(授乳クッションを私のお腹周りにのせ、2人を脇にはさむようにして飲ませていました!)

新生児のうちは2人とも満足して寝ていましたが、段々大きくなるにつれて量が足りなくなり、ミルクを作って1人はお布団、1人は抱っこして日ごとに交代しながらそこで寝ていきます。

夜中に同時泣き

1人が泣くとどうしても相方も起きてしまいます。

3時間続けて寝てくれれば良い方で、早い時には1~2時間で起きて泣く時もあり、そのときは先ほどの授乳から感覚があいていないので、まだおなかがすいてないと思い、1人を抱っこ紐でおんぶして、もう1人を抱っこして寝室を歩いていました。

暗い部屋で、上の子を起こさないようにするために必死で、廊下に出て歩いていたこともあります。

歩くと泣き止み、止まると泣きだす2人。

深夜3時4時頃になってくると私も疲れてきて、立っていることがやっとになり、左側を壁につけて(背中でもたれられないので)頭も壁につけ立ち寝をしたこともあります!!

なぜ泣くのかがわからない

オムツもキレイ、おなかも満たされているはず、散々抱っこにおんぶもしている、これ以上どうしたらよいのかわからず、毎日本当に朦朧としながらいつものように2人を抱っこにおんぶをしながら歩いていました。

とにかく上の子が起きてしまったらもう完全に手が足らないので、ひたすらそれを恐れ(泣)気をつかいながら、全然進まない時計の針を眺め、鼻歌を歌ったり、ステップを踏んでみたり、朝日が昇ったころようやく寝てくれた日がほとんどでした。

日中の過ごし方

3人とも園には行っておらず私と4人で過ごし、午前中は支援センターや公園で遊び、午後は「お昼寝の旅in car」↓こちらの記事参照↓

www.hikamame.com

 で何とか乗りきっていました。

夜も寝かしつけを車でしようかと何度か思いましたが、やはり夜でかけることが怖く、家の中でひたすら睡魔と戦っていました。

生活のリズムの重要ポイント

夜中寝ない赤ちゃんとの闘いをし、日中は遊ばせて、昼寝、食事の時間を毎日決まった時間にしていくよう心がけることによって、徐々に、夜、寝つく時間も決まってきたあたりから、連続睡眠が3時間、4時間と伸びていき、最高6時間まで寝られた日は目を疑いました!!

f:id:chocotocoffee25:20200715221638j:plain

テレビの時間も毎日同じ時間に!!

昼寝開始時間と終了時間はかなり重要です!!

ここで今日は疲れているし、起こすとまた泣くから寝かせておこうという気持ちとってもよくわかりますが、そこは夜泣きと自分が寝られた時間を1分でも確保するために、起こし、リズムを整えることに徹しました!!

まとめ

見えないトンネルの中は本当に暗くて、出口があるのかさえわからない状態が続き、心底疲れきりましたが、年齢があがるのつれて生活のリズムを整えてあげることによって体もそれを覚えていき、徐々に夜泣きがおさまってきました。

双子育児、大変なことが本当に多いですが、できるだけ楽しみましょうね!!