ひかまめ

発達障がい(自閉スペクトラム症)双子男子の成長ブログ!!

【HSCひといちばい敏感な子】を育てる時の配慮の仕方

f:id:chocotocoffee25:20200522142734j:plain

お山がゆうやけ 絵:tuki

この記事では、物事に対してかなり敏感で、口から出る言葉はすぐに「怖い」と言い、「音」に対しての過敏さが強いhikamameの姉tuki(9歳小4)の例をあげ、「そんな様子うちもあるなぁ」と同じ思いをされている親御さんと共感できたらと思い、tukiのタオルとイヤーマフを使って音の恐怖から少しでも解放される方法を書かせて頂きます。

 

安心できる、タオルと母の手

避難訓練、未就学児~フェイスタオル~

保育園の時は、火災、地震、不審者訓練が月に1度のペースでありました。

年少の頃から先生たちの早番遅番のルーティンを熟知していたtukiは、

もちろんいつ何の訓練があり、その日は誰先生にしがみつくかまで考えていました!!

 

何が怖いかというと、もちろんあのぴりついた恐ろしい雰囲気もそうですが、地震の時の放送で「ガタガタ」という机やいすが揺れる効果音です。

少しでも軽減するために、フェイスタオルを三つ折りにしてヘッドフォンのように頭にのせるよう家で練習し、頭部保護にも、火災の口を覆い、不審者から身を隠す時の役目もしてくれるフェイスタオルで何とか乗り切りました。

 母の手と心臓の音

4年生になった今現在も、夜寝る前の消灯後、行事前などは特にそうですが、何も予定がなくても毎晩「怖いこと考えちゃった」と私の両手をつなぎ、「心臓の音が聞きたい」と胸に耳をあてにきます。

 

どんなことを考えたのか言うとそれがさらに出てきちゃうから言いたくないと…。

 

きっと学校で色々なことがあって、たくさんの刺激を受けて、tukiにはそれが強すぎたものもあれば、1日のどこかを切り取って思い出し、そこがいつも恐怖ポイントにたどりついてしまうために、「怖い」がでてくるのかなと思い、4年生だからもうではなく、吐き出す場を失わないためにも毎日付き合うようにしています。

 

(たまには1人で寝てくれ~と思うことももちろんあります泣)

 友達に言われている言葉もを自分のことのように受け止める

近所の友達に遊びに行かせてもらい、友達のお母さんが自分の子に、お願いしたことをやっていなかったことについて叱ったそうです。そのことを、tukiは自分に言われているように捉え、号泣して帰ってきました。

 

その場の雰囲気が怖く、自分に言われているわけではないことはわかっていても、「大丈夫キャパシティ」がオーバーしてしまい、その状況が恐怖に代わってしまったのですね。

イヤーマフで怖さ軽減

飛行機の音

空港の近くに住んでいるわけではありませんが、家の上空を飛行機、特に自衛隊の航空機が通るときはもう恐怖でいっぱいになり、窓から外を見て本当に飛行機の音なのか見て確認したり、手で耳をふさいだりして、自分を落ち着かせようとしています

 

飛行機が怖くなったのは、国語の授業で戦争の話を勉強し、戦闘機から爆弾が落ちてくる様子が目に焼き付き、「爆弾)落ちてこない?」とよく聞くようになりました。

 

上空を飛んでいる飛行機をネットで調べて旅客機だから人をのせていることや、日本の平和が守られている憲法の話をして、その恐怖の根本の話もしています

 

 

f:id:chocotocoffee25:20200626141239j:plain

旅客機は人を乗せる乗り物



風で揺れる電線の音

風が強く、薄暗い天気の日は登校拒否モード全開です(泣)

「ヒュゥゥーーー」や「ゴォーーー」という高い低い関係なく胸がざわつくようで、とにかく「音が怖くて外に出られない」と言います。

 

そこでこの怖い音から解放されるためのアイテムが、自閉症児のhikamameが使っているイヤーマフです‼私も装着してみましたが、完全に音が聞こえなくなるわけではなく、ぼんやり聞こえ、tukiは、ほんの少し安心するようで、耐えられないときは自分で装着してやりすごしています!!

まとめ

HSCは過敏さがあるが故に、勉強や遊びなど生活に支障をきたすことがあるので、その子のペースを大切にし、自分の存在意義をしっかり肯定できることが最も大切です。


「怖さ」や「しんどさ」などは目には見えないので、自分のものさしで測りその言葉にたどり着いて発している子どもの気持ちを真っすぐに受け止め、前を向けるよう手助けができるようにしていきましょうね‼